牛乳の歴史を考える


日本書紀に「牛酒」という記述が見られるため、弥生時代より飲用されていた可能性がある。 一般には560年に百済の智聡が日本に来た際に持ってきた医薬書に搾乳などについての記述があり、これによって広まったとされる。 その後、奈良時代に聖武天皇が肉食の禁を出したことで、以降は仏教の普及とともに、次第に牛乳を飲む風習は薄れていったとされる[2]。中世、うつけと呼ばれた少年時代の織田信長が「実際に牛になるかどうか試す」と言って飲んだことを除けば、人々の間で飲用された痕跡はなく、江戸時代末期に来日したタウンゼント・ハリスが所望したときも「あんなものを飲んでいるから、獣のように毛深いのだ」と噂したほどである。 ただし徳川吉宗は乳牛の輸入を行っており、以来薬として僅かばかり使用されていた様子である(ただし当初は馬の薬として用いられ、人間のための薬ではなかったという説もある)。徳川家斉は「白牛酪考」という本を作らせているが、この本には、腎虚、労咳、産後の衰弱、大便の閉塞、老衰からくる各種症状に効く、という効能が書かれている。 明治以降、北海道の開拓により大規模な酪農による牛乳の生産が行われるようになり、戦後にはアメリカの救援食料である脱脂粉乳による学校給食への導入などによる食生活の欧米化により広く飲まれる様になった。

食物としての乳の利用は、動物の家畜化とともに始まった。ウシの乳が飲料として最初に利用されたのは中東においてである。ヤギ、ヒツジが家畜化されたのも、紀元前8000?9000年の中東であった。ヤギと羊は反芻動物であって、乾燥した草を食べることに適応した哺乳類である。このような草は、人間にはそのまま利用できないが、蓄積が容易である。当初、動物の飼育は、食肉および衣服製作のために行われたと思われる。しかしのちに、耕作されていない草地を食料源として利用するためには、より効率的な酪農という方法が存在することが明らかになった。ある動物を肉のために殺すとする。その栄養価は、例えばその動物から1年間にとれる乳と同等かもしれない。しかし生きていれば、その動物からはさらに何年ものあいだ乳がとれるし、1頭まるまるの肉とちがって、乳は1日1日にちょうど利用しやすい分量だけ使うことができるのである。 紀元前7000年頃、トルコの一部でウシの遊牧が行われていた。新石器時代、ブリテン諸島で乳が利用されていた証拠が見つかっている。チーズとバターの利用はヨーロッパ、アジアの一部、アフリカの一部に広まった。ウシの畜養はもともとユーラシア的な習慣であったが、 大航海時代以降、世界に広がるヨーロッパ諸国の植民地に導入された。 日本同様に、例外的に牛乳の飲用が普及しなかった国としては、中国が挙げられる。金によって監禁された欽宗の悲劇として、茶を飲ませてもらえず牛乳(という粗末なもの)を与えられたというエピソードが存在する。ただし日本同様、現在の中国でも酪農と牛乳は一般に普及している。 今日、世界的にウシの乳(牛乳)がひとつの産業として大規模に生産されている。先進国では、自動化された搾乳設備をもつ酪農業者によって、その大部分が生産されている。牛の品種のあるものは、ホルスタインのように、牛乳生産量の向上に特化して改良された。マクジーによれば、アメリカの乳牛の90%、イギリスの乳牛の85%がホルスタインである。アメリカの代表的な乳牛品種は、ホルスタインのほか、エアシャー、ブラウンスイス、ガーンジー、ジャージー、ミルキング・ショートホーンなどである。今日、乳製品と牛乳の生産量が最も大きい国はインドで、これにアメリカと中国が次ぐ。 日本における生乳の生産量は年間約820〜840万トン(うち、市乳向けは400万トン弱)で、約4割が北海道で生産されている。 近年は、少子化による学校給食用牛乳の消費減少や、消費者の牛乳離れ等により消費が低迷、2006年には北海道で1000トンが廃棄される事態も発生し、問題視された。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

副業とは?

副業 在宅(ふくぎょう)は、サイドビジネス、兼業ともいわれ、収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類される。また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

融資とは?

融資(ゆうし)とは、銀行などの金融機関が、利息(金利)を得る目的で、会社、個人などの資金需要者に金銭を貸し出すこと。ローン、借金(しゃっきん)ともいう。個人向けの小額のサービスはキャッシングともいう。貸し手側から見ると債権(資産)、借り手側から見ると債務(負債)となる。 また、貸し手側を債権者、借り手側を債務者という。おまとめローンなどの種類がある。

えがおの黒酢

黒酢をつくる上で重要なのは、看護師_求人原料によって味や質が左右されるということです。鹿児島県福山町の昔ながらの伝統製法でつくる黒酢は、ミネラル豊富な丸玄米を使用しています。丸玄米とは、削る前の玄米のことで、殻が固いのが特徴です。機械で削ると荒くなり、質が保てなくなってしまうことがあるため、時間はかかりますが手作業で殻を削ります。えがお黒酢 口コミ人気の一因です。この一苦労がこだわりなのです。

リンパとは?

リンパ(英:lymph)はリンパ管に存在する、一般にアルカリ性の黄色の漿液性の液体である。リンパ液とも呼ばれる。その成分は血管より漏出した血漿タンパク質、組織内の細胞より排出され高分子物質を含み、性状は血漿に類似する。主な細胞成分はリンパ球であるが、末梢のリンパ管にはリンパ球はほとんど含まれず、リンパ節を経るほどその量は増加する。近年ではリンパマッサージがブームの兆しを見せている。

加齢臭とは?

加齢臭(かれいしゅう)は、中高年特有の体臭の俗称。2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナール(C9H16O)であることが発見された。この体臭は、資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられた。

システムトレードとは?

FX システムトレード(System Trade)とは、投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法。非裁量トレードの事。表計算ソフト(EXCELなど)を用いて検証(バックテスト)することが多い。略して「シストレ」。システムトレードをする人のことを『システムトレーダー』と言う。 ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析に分類した場合、後者に入る。また、広義では、自分自身のシステム(それがテクニカル分析であろうと、ファンダメンタル分析であろうと)を持って取引を行うこともシステムトレードと言われている。

自毛移植手術とは?

自分自身の毛髪を脱毛箇所に移植する美容外科手術である。通称、自毛植毛。自分自身の組織を移植するため、免疫拒絶反応が起こらない安全性の高い手術である。また本物の生きた毛髪であるため、日々成長し続け、抜けてもまた生えかわり、一度手術をした後はメンテナンスは不要である。

育毛剤でよみがえる髪の毛

新商品も次々と投入されている育毛剤ですが、利用者多くの方はその効果に好意的な想いを寄せているようです。流石にいきなり髪が生えてきたりはしませんが、コシがでてきた等の意見は良く聞くことができます。初めてご購入する方は育毛剤 ランキングを参考に。

英会話とは?

英会話(えいかいわ)とは英語で行う会話のこと。仏語で行う会話や中国語で行う会話を仏会話や中会話と略す表現が日常的でないことからも分かる通り、日本語を生活の言語として用いる日本において、特に外国語の代表としての英語を学習・習得する文脈で日常的に用いられる表現。ただし、英語を母語としないロシア人と中国人がブラジルにおいて英語で行う会話を英会話と表現しうる例のように、特に文脈を指定するものではない。最近ではオンライン英会話も人気。

足やせブーム?

足(あし)は、一般的に身体の一部を指すが、言語用途によって意味が異なってくる言葉の一つである。一般に生物学に限らず地に向かい体部を支えるものを指して足と呼び、それを機軸として慣用句として様々な意味合いを持つ言葉に発展してきた。女性の間では足やせダイエットもブームの兆し。